ジョグジャカルタに新規オープン

現代の標準的なインドネシア語ではヨグヤッカルタのように聞こえる。古い綴りでは Jogjakarta であるため、他の言語ではジョクジャカルタと発音されることが多く、ジョグジャとも略される。名は「平和の町」という意味で、名称に関しては『ラーマーヤナ』物語のラーマ王子の国、アヨーディヤー[1]にあやかって付けたといわれる[2](タイのアユタヤと由来が同じ)。インドネシアは

まだ、インフラができていないため、中々、店舗展開が難しく、ISDNがようやく使用できるようになりました。多くのプロバイダーは、SIM会社が提供しており、まだまだ金額が高い。

2017年12月07日